車のバッテリー上がり.com

バッテリー上がりの復旧後に気を付けるポイント

出先で突然バッテリーがあがってしまい、なんとか通りがかりの車にブースターケーブルをつながせてもらい復旧した。
でも、一息つこうとコンビニによってエンジンを切って、買い物をして帰ってきたらまたエンジンがかからない、なん経験をされたことがある方もいるかも知れません。

 

このように、バッテリー上がりは一旦エンジンがかかっても、気をつけなくてはまた同じようにバッテリーがあがってしまったり、
バッテリー上がりを復旧する為にブースターケーブルを接続する際にも気をつけなくてはならないポイントがあります。

 

ここでは、バッテリー上がりを自分で対処する際の、注意すべきポイントをご紹介して行きましょう。

バッテリー上がり復旧後は、まだ安心してはいけない

冒頭でご紹介したように、バッテリー上がりを復旧した後にすぐエンジンを切ってしまうと、またバッテリー上がりが再発してしまう、なんてことがあります。

 

車に装備されているバッテリーとは、ようするに大きな充電式の乾電池のようなもの。

 

バッテリーが上がってしまった状態、と言うのはバッテリーそのものの電圧が低下して起こってしまう現象です。

 

ブースターケーブルで接続してバッテリーを復旧すると、一見バッテリーが回復したように感じられますが、これは大きな勘違い。

 

あくまでも、ブースターケーブルを接続して復旧する時、と言うのはブースターケーブルを接続した車のバッテリーでエンジンを始動しているに過ぎません。

 

つまり、ブースターケーブルを繋いで、エンジンを再始動したばかりの状態、と言うのはあくまでもバッテリーはまだ電圧が低い状態なのです。
その状態の時に、エンジンを切ってしまうと、バッテリー上がりが再発してしまうのは、言わずもがなと言うところですよ。

 

ブースターケーブルkなどで、エンジンを再始動してあげた時は、少なくとも30分程度はエンジンを切らないようにして、バッテリーを充電してあげるようにしましょう。

ナビ付き車はブースターケーブルを接続する際には注意が必要

近年では、ほとんどの車にナビがついていることと思いますが、ナビ付き車はブースターケーブルを接続する際には注意が必要。

 

ブースターケーブルで、他のバッテリーを接続した状態、と言うのは車にとって過電圧をかけてあげている状態。
稀に、ではありますが過電圧が原因でナビが故障してしまう、なんてケースも無くはないのです。

 

効果な社外ナビなどを付けている方などは、専門の業者に出張してもらった方が良いのかも知れませんね。