車のバッテリー上がり.com

バッテリー上がりを出張修理してくれるサービス

出先で突然車がトラブルに襲われてしまうと、どうしても慌ててしまうものです。

 

特に、バッテリー上がりなど車のエンジンがかからない、なんてことになってしまうと、パニックになってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

車のことに興味のある方なら分で対処をする、と言う選択肢もありますが、特に女性の方などは自分で対処する、と言うのは難しいことでしょう。

 

そうした時に、動かない車を前にして、途方に暮れてしまう、なんてこともあるかも知れませんね。

 

ここでは、出先のバッテリー上がりを出張修理で対応してくれる、様々なサービスをご紹介して行きましょう。

任意保険はやはりもしもの時の味方だった!

車を運転しておられる、ほとんどの方が強制保険(自賠責保険)の他に任意保険にも加入していると思います。

 

実は、その任意保険の多くに無料のロードサービスが付帯していることが多く、もしもの時の車のトラブルに対応してくれるのです。

 

保険会社の付帯のロードサービスを使用する場合には、まず自分が加入している保険会社に連絡をします。

 

多くの保険会社は、ロードサービスには専用のフリーダイヤルがありますので、その番号はスマホのメモリーに入れておくべきでしょう。

 

 

保険会社のロードサービスの専用ダイヤルに連絡をすると、自分の車のナンバーや車の状態、そして連絡先とトラブルの発生の住所を聞かれます。

 

近所や、自宅の駐車場などの場合なら悩むことはありませんが、自分のいる現住所が分からない場合などは、スマホのGPS機能などで現住所を調べておきましょう。

 

保険会社との連絡が終わると、最寄りのロードサービスの提携整備工場から、出張で修理に来てくれます。

 

保険会社との契約にもよりますが、バッテリー上がりなどはほとんどの場合が無料で対応してくれますので、安心ですね。

ドライバーの味方、JAFには入っておくべき?

ロードサービス、と言うとやはり一番先にイメージするのがJAFですよね。

 

保険会社の提携整備工場などの場合、本業は通常の車検や修理工場で、保険会社と提携してロードサービスも兼任しているケースが多いですが、
やはり、JAFのロードサービスに対する経験と知識は、一線を画すものがあります。

 

年会費はかかってしまいますが、バッテリー上がりなどの場合にガソリンスタンドなどに出張修理を頼むと出張費を取られてしまいます。

 

万一の場合に備えて、JAFに入っておくと言うのも良いかも知れませんね。