車のバッテリー上がり.com

突然のバッテリー上がりにならない為の予防法とは?

車でお出かけの前には必ず点検をする、と言う人はやはり車の突然のトラブルにもあいにくいものです。

 

でも、どうしても人間ですから、定期的に点検をする、と言うのは億劫なもの。

 

中には、車検の時にしか整備工場に車を入庫しない、なんて方もいらっしゃいます。

 

最近の車は壊れにくくなってきている、とは言ってもやはり消耗品は交換する必要があります。

 

オイル交換などは、しなくてはならないものとして、認知しておられる方も多いのですが、車のバッテリーもやはり消耗品です。

 

何年も無交換のまま使っていると、突然バッテリーがあがってしまい、車が動かなくなってしまうなんてことにもなりかねません。

 

ここでは、突然のバッテリー上がりを防ぐために、気を付けておくべきポイントをご紹介して行きましょう。

バッテリーに寿命ってあるの?

車のバッテリーは、車が走行している間に充電をしてくれています。

 

ですので、バッテリーの寿命に関して意識をしておられる方、と言うのは少ないかも知れません。

 

オイルのように、汚れが目に見えるわけでもないし、タイヤのように目に見えてちびてしまうわけではなく、電圧と言うのは目に見えないもの。

 

調子が悪くなったら変えよう、と思っておられる方も多いでしょうが、バッテリーが調子が悪い、と言うことはすなわちバッテリーがあがってしまうと言うことです。

 

バッテリーがあがってしまい、動かなくなってしまった車を目の前にして「変えておけば良かった」と後悔しても遅い、と言うことですね。

 

バッテリーの寿命は、5年間などの長寿命のタイプもありますが、通常のバッテリーは3年程度のもの。
新車を購入した最初の車検でバッテリーは本来変える必要がある、と言うことですね。

ひと手間で、バッテリーの寿命を延ばすことができる?

車のバッテリーが一番電力を使う時、と言うのはエンジンを始動させる時です。

 

エンジンを切る時、かける時にひと手間加えてあげるだけで、バッテリーの寿命を延ばすこともできます。

 

エンジンを切る際には、エアコンやコンポなどの電源を切るようにすると、エンジン始動の際に余計な電力を使わずに済みます。

 

また、キーをいきなりいっぱいまわしてしまわずに、ACCの位置で5秒程度待ってから始動するようにするのも、バッテリーに負担をかけないポイントです。

 

これは、燃料がポンプによってエンジンに送られてくるのを待って始動させることで、始動性を良くする意味あいも含まれています。