車のバッテリー上がり.com

車のバッテリー上がりで慌てない為の対処法

車に乗っていて一番身近な車のトラブルと言えば、皆さんは何が思いつくでしょうか?

 

車のトラブルと言うと、パンクや事故などが思いつきますが、実は最も身近な車のトラブルはバッテリー上がりです。

 

バッテリーとは、車を始動させるのに必要不可欠なパーツのひとつ。

 

バッテリー上がりとは、そのバッテリーの性能が低下してしまい、エンジンを始動させることができなくなってしまう車のトラブルのことを指します。

 

 

車の始動が出来ない、と言うことはもちろん車を動かすことが出来ない、と言うこと。

 

自宅の駐車場などでバッテリー上がりが発生してしまうのであればまだ良いのですが、出先などで突然バッテリー上がりが起こってしまうと慌ててしまいますよね。

 

まずは、バッテリー上がりとは、実際にどういうことなのかを詳しく知っておきましょう。

 

 

 

バッテリー上がりの起きる原因とは?

それでは、なぜバッテリー上がりが起こってしまうのでしょうか?

 

まず、バッテリーとは?と言う部分なのですが、車には非常に多くの電気部品が使用されています。

 

音楽を聴くためのオーディオや、ナビ、そして夜間のライトやブレーキ、ウィンカーと言った目に見える電気部品はもちろんですし、
エンジンの制御や、燃料の制御を行うコンピューターも車には使用されており、コンピューターの制御にも電気は必要です。

 

それらの部品に電力を提供するために必要になるのが、車のバッテリーなのです。

 

 

車のバッテリーにはもう一つ、非常に重要な役目があります。

 

それが、車のエンジンを始動させるためのスターターを動かすための役割です。

 

スターターの始動の為には、非常に大きな電力を必要とする為、バッテリーの電圧が低下してしまうとスターターを始動させることが出来ません。

 

そして、車のエンジンをかける事が出来なくなってしまうのです。

 

これが、いわゆる「バッテリー上がり」の症状なのですね。

 

バッテリーが上がってしまうと「キュルキュルキュル」と言う、力の無い音がする場合と、まったく反応がしない場合と有りますが、とにかく車のエンジンをかける事が出来ません。

 

バッテリー上がりを解消する為には、電圧の下がってしまったバッテリーに外部から電力を供給してあげるか、
バッテリーそのものを新しいものに変える必要があります。

 

いずれの場合でも、出先などの際にはすぐに対応すると言うのは難しくなってしまいます。

 

いざと言う時に慌てない為にも、バッテリー上がりの予防には気を付けておきたいものですね。

車のバッテリー上がりに必要な備えとは?

車で出かけていると、突然降りかかってしまう車のトラブル。

 

その中でも特に困ってしまうトラブルがバッテリー上がりです。

 

例えばタイヤのパンクなどの場合ですと、車には標準で非常用工具やスペアタイヤが装備されているので、対処することも可能です。

 

しかし、バッテリー上がりには必要な道具があり、知識があってもバッテリー上がりに必要な道具を備えて無いとどうしようも無い、なんてこともあります。

 

ここでは、バッテリー上がりの際に必要になってくる工具や、便利な道具をご紹介しておきますので、いざというん時の備えにして見てくださいね。

いざと言うバッテリー上がりの為に準備しておくもの

バッテリー上がりの対処の為には、必要になってくるものがあります。

 

名前は聞いたことあるよ、と言う方も多いのが「ブースターケーブル」

 

これは、車対車間のバッテリーを連結して、正常なバッテリーの車から、バッテリー上がりの車に電力を分けてもらう為のものです。

 

ホームセンターなどでも、2000円前後位で買うことができる安価なものですが、欠点としては、バッテリー上がりの対処の為に車がもう1台必要なこと。

 

仲間と数人で出かけた際のバッテリー上がりの対処には有効ですが、誰も知っている人がいない出先では通行して行く車を止めてバッテリーをつながせてもらう必要があります。

 

当然ですが、山間部など、他に車の交通の無いところなどでバッテリーがあがってしまった時には役に立たない、と言うことになりますね。

 

とはいえ、街中や、ショッピングセンターの駐車場などでバッテリーが上がってしまった際には役に立つものなので、車に常備しておきたい非常用工具のひとつでは有ります。

 

 

ブースターケーブルに比べて少し高価ではありますが、いざと言うバッテリー上がりの時に備えておきたいのが「ジャンプスターター」です。

 

ジャンプスターターには、そのものがバッテリーのようなもので、ジャンプスターターと車を接続するだけで上がってしまったバッテリーを再始動してあげることが出来ます。

 

品ぞろえの良いホームセンターなどで5000円〜10000円前後で買うことが出来ますので、遠出の際の備えに準備しておけば完璧でしょう。

 

備えあれば憂いなし、とは昔から言うことですが、バッテリーが上がってしまうと、便利な車もただの大きい鉄の塊です。

 

トラブルの際に慌てなくて済むように、多少の備えはしておいた方が良いのかも知れませんね。

コンパクトで手軽な小型のジャンプスターター

いざバッテリーが上がったときに非常に頼りになるジャンプスターターがあります。

 

「V12マルチチャージャー」です。

 

14mm、210gという圧倒的で小型なジャンプスターターですのでズボンのポケットに入れても邪魔にはなりません。

 


 

 

ほとんどスマホと同サイズですので持ち運びも便利ですね。

 

 

でも、実際にバッテリーが上がったときにエンジンがかかるのか不安ですよね?

 

実際にバッテリーが上がった車で「V12マルチチャージャー」を使用してみました。

 

 

見事にエンジンが始動しました!

 

ほんとに優れものの「V12マルチチャージャー」の詳しい商品説明はこちらからどうぞ。